『J-FIGHT&J-GIRLS 2017~J-NETWORK 20th Anniversary~8th』全試合結果 ニュース一覧

『J-FIGHT&J-GIRLS 2017~J-NETWORK 20th Anniversary~8th』
2017年10月29日(日)東京・新宿FACE
開場:11:30 試合開始:12:00

2017年10月29日(日)東京・新宿FACEにて『J-FIGHT&J-GIRLS 2017~J-NETWORK 20th Anniversary~8th』が行われた。

▼第8試合 スーパーフェザー級 3分3R※肘有り
○SHUN JANJIRA[しゅん じゃんじら](JANJIRA GYM/J-NETWORKフェザー級5位 J-NETWORK2015年度フェザー級新人王)
×MASATO[まさと](STRIKEs GYM/3POUND/RISEスーパーフェザー級5位)
判定 3-0(30-27,30-26,30-27)
※MASATOは計量オーバーで減点1からのスタート

第8試合 SHUN JANJIRA(JANJIRA GYM)vsMASATO(STRIKEs GYM/3POUND)のJ-NETWORKvsRISEランカー対決。

MASATOが計量で600グラムオーバーのため減点1からのスタート。

1R 足を使いながら様子を見るMASATO。SHUNは左ミドル、右ローをヒットさせる。MASATOは飛び込んでの左フックを繰り出すがSHUNはしっかり見てガードする。

2R 手数を増やすMASATO。SHUNは首相撲の展開に持ち込み、膝蹴りを繰り出す。さらに奥足ロー、左ミドル、左ハイを返して行く。MASATOはパンチで入っていくが首相撲の展開になると劣勢になる。

3R 1,2Rに続き蹴り技主体のSHUN。MASATOはボディストレートからの左フックを狙う。SHUNは首相撲の展開で優位になり、終盤は肘打ちも狙っていく。パンチをヒットさせて勝機を見出したいMASATOだったが冷静な対応をしたSHUNの牙城を崩せず。

判定勝利を収めたSHUNは「今はキックボクシングに生活を捧げている。チャンピオンになるように頑張る」と意気込んだ。


▼第9試合 スーパーフライ級 3分3R※肘有り
○心直[しんた](87キックフィットネスクラブ)
×YUGO×AKG[ゆうご・えーけーじー](A-BLAZE KICKGYM)
判定 3-0(30-29,30-28,30-28)

第9試合 “純白のマザコン”心直(87キックフィットネスクラブ)vsYUGO×AKG(A-BLAZE KICKGYM)の一戦。

セコンドがハロウィンの仮装で入場してきた心直は様子を見ながら左ミドルを蹴る。YUGOはインロー、パンチ主体で飛び込んでいく。お互い手数が少ない状態で1R終了。中盤以降、左ストレートも織り交ぜながらミドルの心直。YUGOもミドルを返し打ち合いに引きずり込むが、冷静に左ミドルをヒットさせた心直が判定勝ちを収めた。


第10試合 57.5kg契約 3分3R※肘有り
○岡本MAYORGA[おかもと まよるが](MA・菅原道場/J-NETWORKスーパーフェザー級4位 MA日本スーパーフェザー級5位)
×光太朗ZLS[こうたろう ぜろす](チームゼロス/J-NETWORKフェザー級8位)
判定 3-0(30-29,30-28,30-28)

 

第10試合 岡本MAYORGA(MA・菅原道場)vs光太朗ZLS(チームゼロス)の一戦。

1R 足を使って回る岡本。ローからワンツーに繋げる。光太朗は動き回る岡本に対し、どっしり構え時折ローを返すが手数が少ない。

2R バックスピンキックをクリーンヒットさせる岡本。光太朗はローを連打していく。終盤、前に出始めてパンチの打ち合いに持っていく光太朗だったが岡本も引かずカウンターをヒットさせる。

終始自分のペースで戦った岡本が判定勝利を収めた。

 

その他試合結果は以下のとおり。


■J-NETWORK
『J-FIGHT&J-GIRLS 2017~J-NETWORK 20th Anniversary~8th』
2017年10月29日(日)東京・新宿FACE
開場:11:30 試合開始:12:00

<全対戦カード>【上:赤コーナー/下:青コーナー】

▼第10試合 57.5kg契約 3分3R※肘有り
○岡本MAYORGA[おかもと まよるが](MA・菅原道場/J-NETWORKスーパーフェザー級4位 MA日本スーパーフェザー級5位)
×光太朗ZLS[こうたろう ぜろす](チームゼロス/J-NETWORKフェザー級8位)
判定 3-0(30-29,30-28,30-28)

▼第9試合 スーパーフライ級 3分3R※肘有り
○心直[しんた](87キックフィットネスクラブ)
×YUGO×AKG[ゆうご・えーけーじー](A-BLAZE KICKGYM)
判定 3-0(30-29,30-28,30-28)

▼第8試合 スーパーフェザー級 3分3R※肘有り
○SHUN JANJIRA[しゅん じゃんじら](JANJIRA GYM/J-NETWORKフェザー級5位 J-NETWORK2015年度フェザー級新人王)
×MASATO[まさと](STRIKEs GYM/3POUND/RISEスーパーフェザー級5位)
判定 3-0(30-27,30-26,30-27)
※MASATOは計量オーバーで減点1からのスタート

▼第7試合 ヘビー級 3分3R
×バーソロミュー・トシオ[ばーそろみゅー・としお](PAL-GYM/J-NETWORKヘビー級9位)
○夏樹[なつき](リボルバージム/RISEヘビー級5位)
2RKO 2’51”

▼第6試合 60.5kg契約 3分3R
×花塚智雄[はなつか のりお](Club E.D.O DO-JO)
○不動明王岸田[ふどうみょうおうきしだ](TSKjapan)
判定 0-3(26-29,26-29,27-29)
※花塚は規定時間内に計量クリアならず減点2からのスタート

▼第5試合 58kg契約 3分3R
×村田将一[むらた まさかず](Club E.D.O DO-JO)
○悪七俊介[あくしち しゅんすけ](K&Kボクシングクラブ)
判定 0-3(25-30,26-30,26-29)

▼第4試合 72kg契約 3分3R
×鵜沢利彦[うざわ としひこ](空柔拳会館)
○降籏健嗣[ふりはた けんじ](士道館 ひばりが丘道場)※デビュー戦
判定 0-3(24-30,25-30,24-30)

▼第3試合 55kg契約 3分3R
○峯大樹[みね だいき](若獅子会館東住吉支部)※デビュー戦
×星野翔伍[ほしの しょうご](サムイジム)※デビュー戦
1RKO 2’15”

▼第2試合 バンタム級 2分3R
○松熊[まつくま](武心会)
×和乃[わの](NJKF・新興ムエタイ)
2RKO 1’58”

▼第1試合 45kg契約 2分2R
△チャン・リー[ちゃん・りー](Club E.D.O DO-JO)
△豊嶋里美[とよしま さとみ](team OJ)
判定 0-0(27-27,27-27,27-27)



<2017年J-NETWORK大会日程>

11/26(日)大森ゴールドジム/昼夜J-GROW
12/10(日)新宿FACE/昼J-NEXUS・夜J-NEXUS

  • 求人情報 J-NETWORK大会事業部 スタッフ募集中
  • JKG 公式サイト
  • J-NETWORK キックボクシングジム 無料体験実施中
PAGE TOP